【驚愕】子供も外反母趾になる!!原因と治し方は?

外反母趾
スポンサーリンク

外反母趾は年齢と関係があり、加齢とともに進行すると考えられています。

そこでツライ痛みを訴えるのは、50代以上の女性が多いと思われています。

でも今や外反母趾は大人だけではなく、子供たちの間でも悩みが広がっています。

そこで大人の障がいと考えていた外反母趾ですが、子供たちにも影響するのかまとめました

スポンサーリンク

子供も外反母趾になるのか?

外反母趾は足の指の変形と、足のアーチの崩れなどによって症状が現われるものです。
そのままにしておくと加齢と共に進行し、最悪の場合は手術が必要になります。

そこで外反母趾は、早めの処置が大切になるわけですね。
ところで最近は、外反母趾で悩む子供の数が増えているようです。

外反母趾といえば大人になると障害が現れる、足の疾患と思い込んでいませんか?

 

外反母趾とは、土踏まずのアーチと足の外側の縦アーチ、
そして指の付け根にある、横アーチの三つが崩れることで症状が現われます。

普通は三つのアーチがバネになり体を支えています。
それで歩く、走る、ジャンプするといった動きが自然にできるわけです。
ところが最近はこの三つのアーチが、未発達な子供が増加傾向にあります。

 

そこで扁平足のようにペタペタ歩いたり、浮き指の子供が目立つようになっているのです。

子供の外反母趾の原因は、いろいろ考えることが出来ます。

たとえば足に合わない靴をはき続ける、また運動不足によると言われています

確かに昔にくらべれば、いまの子供達は学校から帰れば自宅で過ごす時間が多くなりました。
自然、足を動かすと言うことは少なくなってしまいました。

 

実は子供の足というのは、成長と共にアーチが固くなり正しい形へと作られていきます。
ですから大人と同じように3つのアーチが、完全にできあがるまでは運動は不可欠といえます。

それに運動をすることで、肥満も予防できているわけですね(笑)。
このように考えてみると昔は扁平足も、毎日の運動で自然に治ってしまったと言えますね。

 

また子供は成長が早く、そのため足のサイズも頻繁に変わっていきます。
それで靴を買うときは、わざと少し大きめの靴を選ぶこともあります。
実はこれが、外反母趾に繋がる要因になっているのです。

 

子供にとって靴は「足の形を整えるための入れ物」と考えるくらいがいいと思います。
ここで間違った選び方をしてしまうと、将来子供が外反母趾で悩むことになってしまいますよ。

そういう意味でも、靴は慎重に選ぶことが大切ですね。

成長途中の子供でも、矯正は大丈夫?

外反母趾は進行してしまうと、手術が必要になるほど重症化してしまいます。
ですから外反母趾は、早めに対処することが重要になるわけです。

一般的にも外反母趾の矯正は軽度、せめて中程度くらいまでには行うのが良いと言われます。

 

いまドラッグストアなどでは、様々な治療グッズが販売されていますね。
セルフケアで外反母趾を矯正するため、自分のニーズに合った商品も選ぶことができます。

しかしまだ成長過程にある子供の外反母趾も、
大人と同様に、矯正してよいのか考えると少し不安になります。

 

発達途中の子供の足は、関節がなだ柔らかい状態です。
ですから早くから矯正してしまうとその後、骨の成長に悪影響があるのではと考えてしまいます。

 

しかし子供の足はまだ、成長段階の途中にあります。
つまり子供の足は成長と共に、強い足へと形成されていくものです。

子供はヨチヨチ歩きからはじまり、歩いたり走るが上手になっていきます。

そして小学生になる頃には、自由に運動ができるようになります。

 

骨が完成するのは11歳頃と言われています。
そこからさらに、大人の足までの成長は18歳頃まで続きます。
そのためにも成長段階のうちに、しっかりした足指アーチを形成する必要があります。

ですから子供のうちに外反母趾に気がついたら、正しく矯正する方が大切なことなのです。

子供の外反母趾、改善の方法は?

外反母趾は、子供でも大人もみんな同じ症状になります。
しかし子供は痛みがないと、気づかないうちに進行してしまうことが多いようです。

子供のうちは普段の歩き方や、足の形状を常にチェックあげることが必要です。
その上で外反母趾に気づいたら、早めに適切なケアをしてあげることが大切ですね。

しかし子供は大人と違って、サポーターなどはいやがって着け続けてくれません。
それにテーピングは、運動量の多い子供ではすぐに外れてしまいます。

 

そこで子供にとって効果的な方法としては、当たり前ですが足に合った靴を選ぶ。
また親子で楽しみながら行える、足指のグー・チョキ・パー運動などもいいですね。

歩き方としては「ゆりかご歩き」もおすすめですよ。
かかと→足裏→足指の付け根→指の腹と言う順番で歩いていきます。

そんなことも意識して歩いてみれば、もう少しも散歩も楽しめるかもしれませんね。

 

外反母趾は痛みが出てしまうと、自由に運動することは難しくなってしまいます。
子供だからこそ外反母趾のケアは大切です。

早め早めにケアを行っていけば、子供の外反母趾も改善できるようですね。

外反母趾は自分でも治せます。
美母趾ラボ 酒井式 外反母趾改善教材
ほかの外反母趾教材と違いスマホでも学べ、どこでも実践することが出来ます。

外反母趾
スポンサーリンク
外反母趾との付き合い方

コメント